こんにちは、なっちです。

私ってなんでこんなに性格悪いんだろう
自分のことしか考えてないな…

と自己嫌悪することがしょっちゅうあります。

先日は、こんなことがありました。

職場でのお話です。

上司が「年末も頑張ってくれてるから」
と私たち従業員を労って、
美味しいお弁当を買ってきてくれました。

すごく美味しくて嬉しくて。

でも、私の体調が悪かったようで
お弁当を半分くらい食べて
しばらくしてからお腹を壊してしまいました。

その時、私は真っ先にこう思ってしまったんです。

お弁当に当たったのかも…って。

同僚が私の残ったお弁当を
食べますよ〜と言ってくれたんですが、
何かあるといけないからとその場で
残りのお弁当を捨ててしまいました。

上司はその場にはいませんでしたが、
わからないように処分するとか
何も配慮もせずに、箱ごとゴミ箱に入れてしまいました。

その時は、気持ち悪い気持ち悪い…
と自分の体調のことで
いっぱいいっぱいになってしまっていたのですが、
あとで振り返ってみたら

とても酷かったな…と思ったのです。

まず、上司が買ってきてくれた物を
真っ先に疑ったこと。

自分がただ体調が悪かっただけかもしれない
(多分そうです…)のに、
これが悪いとすぐに決めつけてしまったんです。

上司が悪いなんて思っていませんでしたが
そう言ってるのと同じことだし
相手を信じてないってことですよね…

とても失礼なことをしたと思いました。

そして、何も配慮せずにそのまま捨ててしまったこと。

もし、上司がその光景を見てしまったら
どんな気分になるか…

自分が上司だったら、とてもショックだと思います。
買ってこなきゃ良かったと思うんじゃないかと…

相手の気持ちを考えるなんてのは
当たり前なはずだし、
小さな子どもでもできることなのに。

小さな頃の方がまだできていたと思います。

せっかく心を込めて買ってきてくれた物だったのに
私はその思いを深く考えず無下に扱ってしまったのです。

また、何かあるといけないからと
同僚のことを考えてるように見せかけて
私のせいになったら困るからとか
そこもやっぱり自分のことしか考えていませんでした。

そして、人様が買ってきてくれた物を
平気で捨ててしまう私を見た同僚が
「なっちさんって酷い人だ」と思ってないか、
そんな自分への評価も気にしているのでした。

 

あーーーー 思い出しては自己嫌悪です。

人間はピンチになった時とか
状態が最悪な時こそ、本性が出ると言いますが、
あぁ私は本当に性格が悪いなと思いました…

布団の中で、何度も思い出しては
「なんであんな行動をとってしまったんだろう」
と、もうどうにもできないのに、
泣いてもどうにもならないのに、
涙が出てバカみたいに泣いてしまいました。

 

こういうことが昔からよくあります。

もしかしたら、周りの人から見たら
そんなに気にならないことかもしれない
(そうであってほしい)けど、

自分のことしか考えてないのが
日々の言動にちょこちょこ現れてしまっているんじゃないか。

性格の悪さを見抜かれてしまってるんじゃないか。

どんなに良い人になろうと取り繕っても
根本がこんなだからすぐにボロが出てしまう。

どうしてみんなそんなに他人のことを思いやれるのだろう。

どうして自分は自分のことしか考えられないのだろう。

自己中だな。だから嫌われるんだよ。

そんな風に自己嫌悪してしまいます。

追記:「性格悪いな」「自己中だな」という自己嫌悪感はどうすればいい?

私が自己嫌悪に陥った時にやっていること、

それは「気持ちを声に出したり、書いたりすること」です。

↑上の文章を書いた時は、
お弁当をいただいた次の日です。

1日経っても
まだ、自己嫌悪真っ最中でした。汗

「うわぁぁーーーーもう自分なんか嫌い!!」となってる時は
大抵、頭の中だけで悩みをグルグル考えています。

だけど、頭の中だけで考えていると
どんどんネガティブな方向へいってしまうんです。

人間は、1日に6万語も頭の中で言葉を発すると言われてます。

その8割はネガティブな言葉。

頭の中で言葉を発するほど
自動的にネガティブな方向へ考えてしまいやすいのです。

「自分が嫌いだ」
「あぁ、なんであんな行動をとってしまったんだろう」
「こんなこと考えてももう過去には戻れないのに」

頭の中で自己嫌悪が始まると
とめどなく繰り返してしまうことってありませんか?

どんどん自分を追い詰めてしまうのです。

だから、自己嫌悪が始まったら
まずしてほしいのが

自分の気持ちを

  • 声に出す
  • 書く

といった「気持ちのアウトプット」です。

私は、声に出しながらこの記事を書きました。

私のように、ブログなどに書くのも良いです。

でも、ブログだと人に見られるから
これは書いちゃいけない とか
もっと読みやすくしなきゃいけない とか
考えてしまいますよね。

だから、誰にも見られないノートに殴り書きでもいいし、
スマホのメモ帳にこっそり打つでもいいし、
自分一人だけの空間で声に出してみるでもいいです。

この方法は、伊庭和高さんという方の
「ぬいぐるみ心理学」が元になっています。

ぬいぐるみ心理学では、
ぬいぐるみに向けて気持ちを声に出すということをします。

ですので、ぬいぐるみが好きという方や
ぬいぐるみがお家にいる方は
ぬいぐるみに向けて声に出すのも良いです。