不安に恐怖に襲われるのを克服したい!打ち勝つ方法や対処法は?

恐怖や不安に襲われると何もできなくなる…
こんなことで不安になるなんて情けない…
不安や恐怖を克服したい!打ち勝ちたい!

こんにちは、なっちです。

本日のテーマは「恐怖や不安の対処法」。

なっち
なっち

怖くなって逃げちゃってばっか…

不安なんかなくなればいいのに…

スポンサーリンク

不安や恐怖に襲われるのを克服したい!打ち勝つ方法や対処法は?

不安や恐怖に襲われる原因は?

まずは、不安や恐怖に襲われる原因として
どういう仕組みで不安や恐怖が起こるのか?
ということをお話ししていきます!

突然ですが、人間はいつから
不安や恐怖を感じるようになったと思いますか?

答えは、原始時代です!

不安や恐怖というのは、
原始時代からもうすでに
人間に備わっていた機能なんです。

なぜ恐怖や不安が
出てくるようになったかというと、
もともとは命の危険を知らせる大切な役割をしていたんですね。

例えば、マンモスと出会ったら
即座に逃げないと食べられてしまいますよね?

なっち
なっち

なんか動物がいる〜!
確かマンモスっていう動物だったな…

なっち
なっち

あ、マンモスって人間を食べる動物だ。
やばいやばい逃げなきゃ!!

って考えてたら間に合わないですよね笑

ですので、「うーん」と考える前に

危険なものは、見た瞬間に「怖い!」と判断して逃げる。

これはいけないものなんじゃないか?!
自分に危害を加えるものでは?!=不安

という風に判断して逃げる。

ということから
恐怖や不安は生まれたんんですね。

この恐怖・不安という感情を作り出しているのが
「扁桃体」という脳の一部。

「えーと、これはマンモスだ」
「マンモスはたしか怖い動物だ」

こう認識する前に、
扁桃体は危険を察知して
危険を防いでくれるのです。

 

例えば、夜、あなたは歩いていて
道にサササッと黒い影が走った。

思わず足を止める。

なっち
なっち

うわっゴキブリ!?

よくよく見たらゴキブリではなく、
葉っぱが風で動いただけだった。

何か「うわっ」って
不安とか恐怖を感じるというのは
扁桃体があなたの体を守ろうとして
反応を先にしてくれてるんですね。

つまり、不安/恐怖/緊張というのは
命にとって大事な機能なので
全く0%にするというのは難しいんです。

0%になってしまうと
リスクを回避できなくなってしまうのです。

そのため、不安/恐怖/緊張は
「なくす」「打ち勝つ」のではなく、
向き合って【調節する】【生かす】という視点が大切です。

一見良くない感情、不安や恐怖を
調節する方法や生かす方法は後ほどお伝えします!

スポンサーリンク

現代の不安は97%…

さて、現代の不安や恐怖は
ほぼほぼ怖がる必要はないんですね。

え、どういうこと?って
思われたと思うんですが、
なぜなら恐怖や不安というのは
もともと命の危険を知らせるために
扁桃体が作り出しているもの

現代の日本では命の危険に
なるようなことってほとんどないです。

怖い怖いと思っていても
別にそれでは死なないことばかり。

例えば、上司に自分の意見を伝えるとき、
「もし間違ったら…」
「否定されたら…」
と恐怖や不安に襲われるかもしれません。

でも、仮に間違えて否定されたとしても
あなたは死なないですよね?

上司に何か言われたり
評価が下がったりするかもしれませんが
死ぬことはありませんよね。

すごく極端に思えるかもしれないんですけど
死なない恐怖なら無視していいのです

さらにこんな研究結果も出ています。

アメリカのシンシナティ大学が行ったある研究です。

研究では、被験者の方々に日々の心配事と、
その心配事が実際に起こったかどうかを
記録してもらいました。

そこで出た結果は、次のようなことでした。

「心配事の8割以上はそもそも起こらず、
問題が起きた場合でもほとんどが自力で解決できた」

38%の人が毎日のように心配事をしていたそうです。
しかし、不安の85%は実際には起きず、良い結果に終わった。
そして、不安が現実になった場合でも、
79%の人は自分の力で解決することができたんだそうです。

この結果から、大抵の不安は現実にならず、
実際に起こってもどうにかなるものだと判明したのです。

さらにいうと、最終的に心配事が
解決できずに終わってしまったケースは全体の約3%だけ!

つまり、心配事の97%は当たらないのです

だから不安や恐怖は無視して良いのです…!

 

…と以前、本で読んで
「うーん、なるほど…」となったけど
すぐさま私はこう思いました。

…いや、無視できないって!ヽ(`Д´#)ノ 

不安や恐怖は無視できない

不安や恐怖を感じやすくて
悩んでいるのに、そんな簡単に
無視できたら悩まないですよね?汗

私は、無視しようと
頑張ったこともありましたが、

不安や恐怖は見ないように
すればするほど苦しくなり、
さらに膨らんでいくことに気づきました…!

不安や恐怖を無視することは白黒思考の状態です。

「不安を感じてはいけない」
「不安のない自分にならなきゃいけない」

このように不安や恐怖を
一切ゼロにしようとするのは
思考に白黒つけようとしてる状態です。

だから、私は「無理やり
無視しなくて良い」と思っています。

というより、
むしろ「向き合ってみる」のが良いんじゃないかなと思うのです!

不安や恐怖への向き合い方はお次の記事にて!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました