人と比べるのをやめたいのにやめられない。悪いことだから治したい。

カフェオレ思考 人と比べてしまうのをやめたい カフェオレ思考

どうもこんにちは、なっちです!

どうしても人と比べてしまう…そんな自分に自己嫌悪。

あの人はこんなにできるのに
なんで自分はこんなにダメなんだろうと思ってしまう…

人と比べることは悪いことだからやめたい!
…なのにやめられない、、

今回は、
人と比べてしまう時の
対処法について、
書いていきたいと思います!

なっち
なっち

人と比べて嫌になってばっかだよ…
こんな自分、キライだわ…

ケールくん
ケールくん

人間は大変ですの〜。
ま、カエルも比べて悩むことありますけど〜

人と比べること=悪いこと??やめた方が良い?

人と比べることって
なんだかいけないことのように感じません?

比べたって何も変わらないのに…
比べれば比べるほど苦しくなる。

人と比べたって無意味だよ
そう言われることもありました。

確かにそうなんです。

誰一人として、
全く同じ人生を歩んできた人はいないから
比べてみたって人それぞれになってしまうし
そもそも比べようがないのです。。

Aさんは自分より
仕事ができるからすごいと思っていても
「この仕事は得意だけどこの仕事は苦手」
って場合もあるかもしれないし、

例えば自分は私生活が幸せだけど
Aさんは私生活では悩みだらけかもしれない。

Aさんがここまで仕事が
できるようになったのには
とても辛い過去があって、必死で勉強してきて
自分よりずっと努力してきたからかもしれない。

だから、人と比べる事は
その人の一部分しか見えてないわけで、
人と比べても何も解決できるわけじゃないし、

比べても無駄なんだって。

 

…だけどだけど、
比べてもどうにもならないって
わかってるのに

やっぱり比べてしまうこと、ありませんか…?

スポンサーリンク

比べることのデメリット

比べることって、
一般的にはデメリットしかないと思われていますよね?

ケールくん
ケールくん

比べても良いことないよねぇ〜?
落ち込むだけでしょ??

例えば、
人と自分を比べることによって
「○○さんより私はできないからダメだ」
って自己否定してしまったり、

逆に、「○○さんより私はできる」
「だから私はすごい!」
っていうように優越感を感じることで
自分を保とうとしたり。

人と比べて生まれる
「優越感による自信」というのは、
本当の意味での自信じゃなくて
相手が変われば
すぐに崩れ去ってしまうような
脆い自信なんですよね。

自分よりできる人が現れれば
たちまち自信を失ってしまうのです。

そして、人と比べてばかりの人というのは、
「相手も自分を他の人と比べているのでは?」
と思い込んでる場合もあって
他人からの評価をとっても気にしてしまったり、

「○○さんみたいになれない自分はダメだ…」
って内心思ってれば
○○さんに対してオロオロ自信なく接してしまったり、
「私の方ができるのに」って心の中で思ってれば
言葉の端端が上から目線になっちゃったり。

「あの子はこんなできるのに
私はこんなできない…」と
常にイライラしてる、嫉妬してる
そんな状態になってしまうと、

周りの人も
「うわ、あの人っって偉そうだな」とか
「なんかいつもあの人
ピリピリしてて付き合い辛いな…」
って思われて、
周りの人が離れていくってこともあるんです。

人と比べて、自分の善し悪しを
判断してる状態というのは、
相手が基準になっているので、
相手が変われば判断もぶれてしまいます。

例えば、「○○さんよりも私は
この資格を持ってるからすごい」
って思っていたとしても、
別の人が自分よりすごい資格を持ってたら
「あぁ、あの人は
私よりすごいから私はダメだ…」って、
人によって、自分の自信の有無が変わってしまうんですね。

 

だけど、人と比べることにもメリットがあるんです…!

なっち
なっち

え?比べることなんて悪いことしかないよ。

そう思いますよね?汗

そのメリットとは何かというと…

比べることのメリット

比べることのメリットって実はいくつもあります。

まず、劣等感を感じることで
成長したいと思える」ってことです。

人間が成長する時って
劣等感がないと
「もっとこうなりたい、だから頑張ろう」
というようにならないんですね。

劣等感は成長の源なんです。

「こういう人になりたいから
ここを真似していこう」とか
「この人の記録を抜かしたいから
私ももっと練習しよう」っていう風に、
目指すものがあるからこそ、
劣等感っていうのは感じるんですね。

向上心がなければ劣等感は生まれません。

○○さんと比べて自分はあれもこれもダメだ…
と思うのは、
それだけ向上したいことがたくさんあるということ。
真摯に人生と向き合って成長しようと努力しているということ。

人と比べて劣等感を感じた時は、
成長したいサインなんだ」と思ってみていただきたいのです…!

 

また、「他人がすごく思えて自分なんか…」
と自己否定してしまうようなら、
それは「他人の良いところ、
すごいところを見つけるのが得意
ともいえます。

私は小さい頃から
他人と自分を常に比べて生きてきて
あの人はすごいな…あんな風にはなれない。
あの人と比べて自分はなんでこうなんだろう
こんな風に自己否定ばかりしてきました。

でも同時に、他人の良いところを
必ず見つけられるようになったんです。

ご本人からすれば全くすごいと思えないことも
私はいいなぁ羨ましいなぁと思うので
そのまま相手に伝えてみることで
(おこがましいですが)その言葉がきっかけで
自信が持てるようになった友達がいたり
成長していってくれる後輩もいました。

 

また、「くそー!
なんであの人はできて私はできないんだ」
とイライラすることも

「あの人にできたんだから
私だってできるはずだ!」
と少し言葉を変えるだけで
良いモチベーションになっていきます。

 

だから、人と比べること自体は
悪いことじゃないと思うんですよね。

決して無意味なことでもありません。

ただ、比べた時にどうするのか?
で変わってくるのかなと思うんです。

人と比べた時に
落ち込むか?妬むか?拗ねるか?

それとも、
成長につなげるか?相手を尊敬するか?やる気に変換するか?

人と比べた時に
自分がどうするか?で
比べることは悪にも善にもなると思うのです。

スポンサーリンク

人と比べることが苦しくてやめたいなら

今、あなたが
「人と比べていることで苦しい。やめたい」
と思っているとしたら、
それは2つの原因があります。

  1. 比べること=悪だと思っている
  2. 比べた時にどうするのか?がマイナスの方向に偏っている

続きはまた次の記事に書いていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました