新しい仕事が不安でしょうがないあなたに

仕事が不安でしょうがない ぬいぐるみ心理学

こんにちは、なっちです。

先日から新しい仕事を始めました。

正直いうと、つい昨日まで
不安でしょうがない日々を過ごしていました😭

新しい仕事仲間と打ち解けられるかな…
仕事内容早く覚えないと…
新しい環境でうまくやっていけるかな…

新しい仕事を始めるのって
不安ですよね、、

でも、不安を口にすれば
「やってみないとわからないよ!」
「大丈夫だよ。誰でも最初はそんなもんだって」
と言われてしまったり。

そうなんだけどさ…
不安なものは不安なんですよ…

この記事では、私が試して良かった
新しい仕事が不安でしょうがない時の対処法」をまとめてみました。

スポンサーリンク

新しい仕事が不安でしょうがない時の対処法

私が試して良かった対処法は、
伊庭和高さんのぬいぐるみ心理学を元にしています。

不安でしょうがない…考え過ぎて苦しい…

そんな時に苦しさを和らげて
悩みの解決策を見つけていく方法です。

ざっくりいうとこの3ステップ!

  1. 不安な気持ちを声に出す
  2. 不安と向き合う
  3. どうしたいか?自分に問いかける

1ステップずつ解説していきます。

1.不安な気持ちを声に出す

明日また仕事だ
大丈夫かな…
なんか心配だわ…
なんだか自分でもよくわからないけど涙が出てくる。
考えすぎて頭が重い…

私は、昨日、
うじうじ考えすぎて

うわぁあぁぁ〜〜〜

ってなってました😅

頭の中をグルグル悩みが回っている感覚です。

こんな風に、
なぜだかわからないけれど
漠然と不安を感じてる時は、

気持ちを声に出すことを実践してみると良いです。

不安な気持ち、
なんだか納得できてない気持ち、
本当にこれでいいんだろうかという迷いの気持ち。

どんなネガティブな気持ちでもOK。

頭の中でグルグルしている物を言葉にしていきます。

ただ、誰かに気持ちを打ち明けるのって
勇気が要りますよね。

内容がネガティブであればあるほど、
相手が嫌な気持ちにならないだろうか?
相手の時間をこんな悩みに使ってもらうのは迷惑じゃないか?
友達にこの話をしたら引かれてしまうんじゃないか?

人に打ち明けるのは
どうしても気を遣いますよね。

だからこそ、
一人きりの時に声に出すのが
おすすめです。

誰にも気を遣わずに
思っていることを全部話してみる。

もし、あなたのお家に
ぬいぐるみがいれば
ぬいぐるみに話しかけてみるのがとても良いです。

ケールくん
ケールくん

ボクには何を言ってもOK〜!

ぬいぐるみは、否定することもないし
何か口を挟んでくることもありません。

だからこそ、
私たち人は、無意識にぬいぐるみに対して、
素の自分をさらけ出してしまうんだそうです。

※ぬいぐるみがいない場合も
ご自身でぜひ声に出してみてください。

私はカエルさんに不安がなんなのか
喋っていました。

なっち
なっち

はぁ…なんか不安だよ…

ケールくん
ケールくん

おぅ!どうしたよ?

ぬいぐるみは喋りませんが、
こんな感じで聞いてくれている
イメージをしながら話しています。

なっち
なっち

今まで職場で人間関係があまり上手くいったことないから…

ケールくん
ケールくん

うんうん

なっち
なっち

やっと今の職場に慣れてきて
打ち解けられるようになってきたのに
新しいところへ行っちゃって本当にいいのかな…

 

 

ケールくん
ケールくん

そっか、やっと慣れてきたのに
また新しいところへ行かなきゃいけなくなったんだね

なっち
なっち

]新しい職場はみんな仲良くて
プライベートでも友達でさ…
私一人だけ部外者みたいな感じ

私は、人間関係があんまり
上手くいったことがないので
人一倍そこが心配です。

特に、今回働く先は
私以外、みんなすでに友達で
年齢も同じ、とっても仲が良さそう。

元々コミュニケーションが苦手なのに
すでに仲の良いその輪の中に打ち解けられるだろうか…

以前、友達にチラッとその不安を話した時、
まぁ、新しい職場はどこもそんなもんでしょ。
時間が経てば自然と仲良くなれるんじゃない?
心配しすぎだって
こんな風に励ましてくれました。

励ましてくれる気持ちが嬉しかったです。

なっち
なっち

そう、励ましてくれたのはすごくありがたくて…

でも…

「そんなもんか…そうだよなぁ…
なんでこんな自分は心配性なんだろ。
はぁ…私も○○ちゃんみたいに誰とでも仲良くなれる人だったら良かったのに。
コミュニケーションに悩みがない人にはわからないだろうな」

内心、
自己嫌悪、
友達への羨ましさ、
「私の気持ちなんかわかってもらえない」という苛立ちや寂しさ。

そんな気持ちになってしまったんです。

なっち
なっち

友達みたいに前向きに考えられない自分が嫌いだ

なっち
なっち

本当は「わかる!不安になるよね」って気持ちをわかってほしかった

なっち
なっち

自然と仲良くなれるなんて自分には無理だ

 

なっち
なっち

せっかく相談に乗ってくれたのにこんなことを思ってしまう自分は最悪だ

こんな風に、
友達と喋った時は言えなかった
ネガティブな気持ちも全部声に出していきます。

あぁ、そうだ、
友達の反応を気にして
「新しい仕事が不安」って話は他人に
なるべくしない方がいいと思ってしまったんだな。

あぁ、無意識に友達と自分を比べていたな。

過去に失敗が多かったから自信がないんだな。

気持ちを声に出していくと
漠然とした不安の原因、自信のなさが見えてきます。

★不安な気持ちはあって良い

気持ちを声に出したことで
いろいろな不安要素が出てきたと思います。

その時、「こんなことで不安がって情けないな…」
「不安な気持ちはなくさなきゃ」

と思ったなら、
無理に強くなろう、不安をなくそう
としなくて良いです!!

不安になることに対して自己嫌悪しなくてOKです。

不安はあって良い。むしろ不安を感じられるのはメリット!なのです!

え??どういうこと?
って感じですよね。笑

なぜ、人は不安を感じると思いますか?

例えば、新しい仕事を始める前。

新しい職場で上手くやっていけるかな…
知らないことばかりだったらどうしよう…

こんな不安が出てくるのはなぜでしょう?

 

 

 

実は、不安というのは

あなたを守るために発生しているのです。

不安になるからこそ
予防しようと行動できるんです。

「上手くやっていけるかな」と不安になるからこそ
例えば、「上手くやっていけるように、まずは自分から挨拶しよう」と行動できます。

「知らないことばかりだったらどうしよう」と不安になるからこそ
「この知識は事前に勉強しておこう」と行動できます。

予防や対策ができるから
失敗も大きく減るのです。

逆に、全く不安を感じなければ
全てがぶっつけ本番。

なんの対策もなしに
その場でどうにかしなければなりません。

不安を感じられるのは
危機回避能力が高いってことなんです。

だから不安はあって良い、むしろあった方が良い!
不安を0%にする必要はありません!

でも、そうは言っても…

100%不安だと何もできなくなってしまいますよね?

だから、不安100%で身動きの取れない状態から
80%、60%…というように
だんだん減らしていく、バランスをとっていく
というイメージを持ってみてもらいたいのです!

スポンサーリンク

2.不安と向き合う

声に出すことで
不安の原因や自信のなさが見えてきたら、
さらに不安の内容を掘り下げていくと
解決策が見えてきます。

掘り下げ方は、「5W1H」を使います。

What? 何?
Why? なぜ?
When? いつ?
Where? どこ?
Who? 誰?
How? どんな?

例えば、このように自分に質問を投げかけてみます。

ケールくん
ケールくん

なっちは何が不安なの?

なっち
なっち

本当にこの仕事に変えていいのかな?

ケールくん
ケールくん

ふんふん。
なんで「変えていいのかな?」って迷ってるの?

なっち
なっち

何かスキルが身に付く訳でもないし。
もう25歳を越えているのに。
誰でもできるような仕事だから…

ケールくん
ケールくん

なるほどね。
どんなスキルを身につけたいの?

なっち
なっち

それが明確にあるわけじゃないんだけど…
何もできるようにならないまま時間だけが過ぎて歳をとってしまうのは怖い

ケールくん
ケールくん

うんうん、なっちはなんでスキルがないまま歳をとるのが怖いの?

こんな感じでどんどん自分に質問していきます。

質問していくといろんな角度から
不安を感じていたのだなと
初めて気づくことがあります。

私はこんなフラフラしていていいんだろうか?

この仕事は自分の将来に何か役立つだろうか?

相方のツテで新しい仕事を始めることになったけど
相方に頼ってばかりではいけないんじゃないか?

新しい仕事にしなくても
今の仕事のままでいいんじゃないか?

でも今の仕事のままでは嫌なんだ…
だって今の仕事も何かスキルが身に付く訳ではないし
条件がいいだけで充実してるわけでもないから…

だから仕事を変えるのはいいと思うんだけど、この仕事でいいんだろうか?

でも何かしら仕事をしなければ生活できないし…
今からやめるなんて言ったら相方にも新しい職場の人にも迷惑かけるし…
新しい職場は人手が足りてないみたいだし…

将来はやりたいことがあるから
長く続ける予定はないけど大丈夫なんだろうか?
仕事先の上司に伝わってない気がする…

今の仕事より稼げる金額が
半分くらいになってしまうから
お金も大丈夫だろうか?
Wワークできるように他の仕事も探した方が良いんじゃないか?
でも両立できるだろうか…?



声に出してみると、
こんなに気持ちを溜め込んでいたんだな
と自分でも驚く時があります。

溜め込んだ気持ちって消えないんです。
ぐっと気持ちを押し殺しても、
必ず心の中に残り続けてしまいます。

溜め込みすぎると
ある日突然爆発してしまうことも。

昨日、なんだか漠然と不安で
なぜかわからないけど涙が出たのは
気持ちを溜め込みすぎたからだと思います。

心が便秘してるみたいな状態です。

だから、気持ちを少しずつ
声に出すことで便秘を解消していくんです。

不安な気持ちを声に出してみると
「あぁ、これに悩んでたんだ、私」
と自分を客観的に見れるようになってきます。

不安だ不安だ不安だ不安だ不安だ不安だ😭😭😭

といっぱいいっぱいになっていたのも
声に出してみたら、だんだん落ち着いてきます。

不安だらけだと思っていても
実は不安に思っている原因は
数えられるだけの少なさだったりします。

3.どうしたいか?自分に問いかける

不安と向き合って
不安の内容を深堀した後は
「じゃあ、私はどうしたい?」と
自分に問いかけてみてください。

私の場合、例えば

スキルが身につかない仕事を続けるのが不安、
でも生活するためにはお金が必要

その不安にはこんな答えが出てきました。

なっち
なっち

期間を決めてやっていきたい。上司に正直に話してみよう。

なっち
なっち

スキルが身につかないと思ってるのは思い込みかもしれない。
学べることはどんどん吸収していきたい。

また、例えば

新しい人間関係が不安

これには

なっち
なっち

まずは第一印象だけでも良くなるように
挨拶と自己紹介の練習をしておきたい。
学んできたコミュニケーションの復習もしておこう!

どうしたいか問いかけてみると
「こうしたい」という「行動」が出てきます。

★「どうしたいのか?」の答えを行動に移していく

不安を100%→80%→60%というように
だんだん減らしていく
というイメージをお伝えしましたが、

1つ1つの不安の原因に向き合って出した
「どうしたいか?」の答えを
コツコツ実行していくと
自ずと不安感は減っていきます。

不安を1つ1つ薄めていくという感じです。

行動に移す時のポイントは

  • 一気に全部やろうとしないこと。
  • 毎日1つでいいから継続すること。
  • ハードルを下げて実行すること。

例えば、私は
まず新しい仕事先の上司に
正直な気持ちを話すことにしました。

ただ、いきなり面と向かって伝えるのは
ハードルが高すぎる…

そこで、まずは自分一人で
喋る練習をしました。

気持ちを声に出しながら
紙に書いて、また見ながら喋る。

どれくらいの期間働いて
いくらくらいまでは貯めたいのか
仕事を通じて何を学んでいきたいのか
一人で声に出していくうちに
だんだんはっきりしてきました。

そして、辿々しい言葉ではありましたが
上司に気持ちを話すことができました。

気持ちを話したことで
自分の不安が減ったのはもちろんのこと、

「無理してやってくれてたら
悪いなと思ってたから
正直に言ってくれてありがたい」
上司も実は不安を抱えていたことに気づかされました。

不安に感じること、
わからないことがあったら
正直に話すことを今も継続しています。

また、新しい仕事仲間とも
最初は全然喋れず人見知りが
出てしまいましたが、

とにかく挨拶を毎日継続して
少しずつ自分のことを話したり
相手のことを聞くようにしていきました。

まだまだ全員とはいかないですが、
1人、2人と、だんだん打ち解けられてきたかなと思います。

新しい仕事が不安な気持ちは消そうとしなくて良い!

新しい仕事が不安でしょうがない
その気持ちは、良くない気持ちだ、そんなこと言っちゃいけない。

そんな風に否定しなくてOKです!

不安な気持ちはあっていいんです。

だから無理やり消す必要はありません。

大事なのは自分がどうしたいか?

不安な気持ちに向き合い、
自分が「こうしたい」と思えることに
素直に行動していけば

不安でしょうがない苦しい気持ちは
必ず和らいでいきます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました