ぬいぐるみ心理学(伊庭和高さん)の評判①ブログを見つけた経緯

こんにちは、なっちです。

ぬいぐるみ心理学ってなんだろう?
ぬいぐるみ心理学が良いって聞いたけど評判はどうかな?

ぬいぐるみ心理学は、
伊庭和高さんという方が独自に作られた
「自信のなさ」を解決するための心理学です。

🧸ぬいぐるみ心理学の詳細はこちら

伊庭さんに実際にお会いして
面談や1day講座に参加してみた私が、
ぬいぐるみ心理学の評判について
詳しく書いてみました。

長くなってしまいましたので、
数回に分けてお届けしたいと思います!

まずは、私がぬいぐるみ心理学に
出会った経緯からお話ししていきます。

スポンサーリンク

ぬいぐるみ心理学と出会った経緯

就活で気づいた「自分が何をやりたいのかわからない」

私がぬいぐるみ心理学と
初めて出会ったのは、
伊庭さんのブログでした。

当時私は大学3年生。

就活を始めないといけなかったのですが
私って何1つ取り柄がないな…
と悩んでばかりで。

就活ってエントリーシートや面接で
「学生時代、あなたは何を頑張ってきましたか?」
「自己PRしてください」
とかなんとかかんとか、
自分の素晴らしいところを言わなくてはいけないじゃないですか…?

でもなんっにもなくて。

幸いなことにまだ3年生の初めに
その危機感に気づいたので、
とにかく何かやらなきゃ!!!!
と焦りまくってました💦

インターンに参加すれば
何か自信になるかも!
と思ったのですが、
自分が何をやりたいのかわからない

何をやりたいかわからないなら
いろいろな職業を見てみよう!
とリクナビでインターンを何百社分も見ました。

でも、自分にできる気がしないんですね。

インターンも面接があるの…?
インターンでもエントリーシート書かなきゃいけないの?
グループセッション…?

この内容は私には無理じゃない…?

こんなことできないよ、、、、

もーう、とにかく自信がなくてなくて。

小さい頃から、
人とのコミュニケーションが苦手すぎて
面接とか人事の人と話すことを
考えるだけで汗だらだらです。

「就活 コミュニケーション」
「コミュニケーション 改善」
「自信つける 方法」
などなど、

ネットサーフィンばかりしては
結局答えは見つからなくて、
何もできない、何もしない日々が続いていました。

 

だけど、3年生の夏休みが近付いてきて
夏休み〜秋にかけて
インターンの募集はたくさん出ていたので
参加するなら今しかないタイミングになってしまいました。

私は、もう闇雲に
8社くらいのインターンに応募しました。

私って極端なんですね、、

あんなに何もできないと思っていたのに
切羽詰まると極端にやりすぎてしまうという。

8社全部バラバラの業界。

インターンにこれだけ参加すれば自信になるはず。

そう思ったのですが、
インターンのグループワークじゃ全然喋れない、
プレゼンでもお地蔵さんのように固まってる、
人事の方と一緒にランチを食べる時も何も喋れない。

なんで私はこんなにダメなんだろう。
あの時、もっとこう喋ればよかった…
あの子は絶対気に入られてるな、それに比べて私は印象にも残らないだろうな…。

インターンに行くたびに
逆にさらに自信を失っていきました。



スポンサーリンク

ぬいぐるみと私の関係

はい、ここで突然ですが、
私はぬいぐるみが大好きです。

小さい頃から、ぬいぐるみが大好きで
特にカエルのぬいぐるみを大事にしておりました🐸

私はコミュニケーションが苦手なので
友達も少ないです。

だから、ぬいぐるみがずっと友達でした。

私が悲しくて泣いている時も
カエルさんたちはずっとそばにいてくれました。

こんなこというと
痛い人だな…なんて引かれちゃったりするんで
あんまり人には言えないんですが😓

でも私にとって、ぬいぐるみは
友達であり、家族であり、大事な存在なんです。

 

大学生の頃は一人暮らしで
ぬいぐるみをたくさん連れてきていました。

就活で悩んで泣いてばかりだった時も、
ぬいぐるみを見ていると元気が出たり
眠れない時はぬいぐるみを抱いていると眠れたり
何かと助けてもらっていました。

 

だけど、同級生が部屋に来た時は
「なんかぬいぐるみがありすぎて怖い」
と言われたこともあったし

ネットの画像検索で出てくる
メンヘラの女の子は大抵ぬいぐるみを持ってるし

二十歳を越えても
ぬいぐるみ離れできてないことを
母から心配されたこともあったし

自分ってなんかおかしいのかな…
メンヘラ?
病んでるとか思われてたら嫌だな…

そんな思いを持っていました。

大人なのにぬいぐるみが好き+自信がない

ぬいぐるみを大人になっても
大事にしてしまうのは依存なんじゃないか?

ぬいぐるみ離れするにはどうしたら?

なんでこんなにぬいぐるみが好きなんだろう?

私は、ぬいぐるみを好きすぎるのが
悪いことのように感じて、
ぬいぐるみを手放せない人の心理を
なんとなく調べていました。

そんな時、出会ったのが
伊庭和高さんの「ぬいぐるみ心理学」のブログです。

確かその時は、
記事に可愛いぬいぐるみの画像があって
しかもブログのテーマが
『「自信がない」から卒業する』というような内容だったので

私にぴったりの記事じゃないですか?!

とびっくりして夢中で読みました。

ぬいぐるみに依存する大人の心理」の記事から始まって
ぬいぐるみが好きな人の共通点や
ぬいぐるみでわかるその人の個性などなど
次々に記事を読んでいきました。

その中で、
本音がわからない、
自分の気持ちが自分でわからない、
周りを気にして自分を抑えてしまう

そんな悩みについて書いた記事がたくさんあり、
「私のことみたい…!」と共感の連続でした。

また、記事の中で
伊庭さんが就活生にもアドバイスしている
という内容も見つけたのです。

どんな企業に行きたいかわからない、
自分で自分の気持ちがわからない、
自己分析ができない、

そんな状況でも、
ぬいぐるみとの記憶を紐解いていくことで
あなたの強みや本当にやりたいことを
見つけていけますよ

というような内容だったと記憶しています。

ぬいぐるみとの記憶を紐解く?
どうやってやるの?

ブログには詳しく書かれていなかったので
すごく気になりました。

 

伊庭さんのブログには、メールマガジンがあります。

無料だし、
大好きなぬいぐるみに関することだし、

何より
『「自信がない」から卒業する』、
このテーマに惹かれ
メルマガ登録してみることにしました。

2016年くらいのことです。

ここから私は
ぬいぐるみ心理学のメルマガを
毎日読むようになったのでした。

長くなってきましたので、
続きは次の記事で。

🧸ぬいぐるみ心理学を本で詳しく学ぶなら↓