完璧主義で始められない・続かない・諦めるのをやめたい!改善法は?

完璧主義で新しいことを始められない
なかなか続かなくて諦める自分が嫌い…!

完璧主義をやめたい。心が折れないようになりたい。
完璧主義の改善方法はある?

こんにちは、なっちです!

前回まで、心が折れそうな時に
役立つ「リハビリマインド」を
お伝えしてきました。

今回は、その続き。
リハビリマインドを持つことで
完璧主義で諦めてしまうことも改善されていきます。

スポンサーリンク

完璧主義で始められない・続かない・諦めるのをやめたいならリハビリマインド

リハビリマインドとは、
リハビリをするように
人生を歩んでみること。

何か新しいことを始める時
今まで成功したことがないってことに取り組む時
自分にはできそうもない…って思ってしまうことに挑戦している時

完璧主義だとついつい最初から
上手くやろうとしてしまいます。

でも実際はそんなにすぐに上手くいかない。

なんで自分はこんなこともできないんだ。
あの人はこんなにできるのに。
向いてないのかな…自分はダメだな…。

こんな風に自分を責めてしまうかもしれません。

そんな時は、今の自分は
怪我をしているのと同じくらい
不利な状態だと思ってみてください。

怪我をしてるんだから
いきなりスムーズに歩けるなんてこと
なかなかないのです。

痛みも伴います。
すぐには上手くいかないです。

やめたくなること、やりたくないと思ってしまう時だってあります。
でもそんな自分を責めなくて良いんですね。
できない方が当たり前なのです。だってあなたは怪我をしてるんです。

リハビリをするように
ちょっとずつ進んでいくこと、
怪我をしてる時にいきなり
走り出すのが無理なように、

痛いのを我慢して、最初は杖を使って
手すりにつかまって
人に支えてもらってなんとか立ち上がって、
グッと頑張って1歩歩く。
休んで、また1歩歩く。
そして徐々に歩けるようになっていく。

そんな風にちょっとずつちょっとずつ前に進んで行こう

というのがリハビリマインドです。

完璧主義改善①:1回でできなくて当たり前

リハビリマインドとして重要なのが
「1回でできなくて当たり前」
ということ!

完璧主義だと最初から100%全部やろうとしちゃうんですね。

なんですけれども、
最初から100%できるなんて
本当にそう思えますか?

冷静に考えれば、
やったこともないことを
100%最初から全部できる
ってのはなかなか無謀じゃないですか?

心が折れやすくて
「私って何をやってもダメだ…」
って悩んでしまいやすい方は、
自分への評価がすごく低いように思えますよね。

ですが、実は逆なんです。

自分に「期待している」から、
1回でできなくて落ち込んでしまうんです。

いやいや、そんなはずは…

と思われたかもしれません。

でも、本当に何も自分に期待していなくて
自分なんかダメだ
と心の奥から思っていたら
上手くいかないことがあっても
まぁ、私ダメ人間だからしょうがないか
と諦めがつくと思うんですね。

だけど、

「なんでできないんだ」
「なんで心が折れそうになってるんだ」
「こんな心が弱くちゃいけない」

そう自分を責めているというのは

「本当はできるのに」
「本当はもっと頑張れるのに」

という言葉の裏返しなんですね。

こうやって自分の可能性に
期待することはすごく良いことなんですよ。

それは、成長に必ず必要なことで、
自分の可能性に期待できるからこそ
頑張ろうと努力ができます。

なので、あなたはその努力できる
資質を持っていらっしゃるので
できないことがあって自分を責めてしまう時ほど
「私は努力しようとしてるんだな」
「私は成長しようと頑張ってるんだな」
と自分を感じてみて欲しいんですね。

そして、努力できる素晴らしい資質が
良い方向へ向くように、
1回でできなくて当たり前」とつぶやいてみてください。

最初から全部できるはずだっていう風に
完璧を期待してしまうと、やっぱりなかなか
実際はできないので落ち込みやすくなってしまいます。

1回でできる方がレア。

できなくて当たり前だから、
できなかった時に
「あー私なんかダメだ。
こんな奴は他にいない。
なんでこんなダメなんだ…」
というような、自分だけがこんなにできないんだって思わないでくださいね。
(これは過去の私がよく頭の中で言っていた言葉です( ̄◇ ̄;))

スポンサーリンク

完璧主義改善②苦手なことはマイナススタート

特に苦手なことだったら、
マイナススタートだと思った方が良いです。

例えば、私は、
コミュニケーションがとっても苦手だったんですけど、
苦手すぎたんでちゃんと学ぼうと思って、
雑談の仕方などを学びました。

最初はすごく難しかったです…。

初対面の人と話す時に役立つ
自己紹介のやり方を勉強しました。

自己紹介を一人で練習して
初対面の人に実際に話してみる
ということをやったんですけど、

元々会話が苦手なんで、
勉強して練習したはずなのに
最初の自己紹介でつまずいちゃって
全然上手く話せない
っていうふうになったんですね。

最初の時は、
なんでこんなこともできないんだろう。
本当自分はダメだな…
練習しても無駄だった…って落ち込んだんですよ。

けど、それは元々苦手なんだから
できなくて当然なんですよね。

コミュニケーションを
苦にしてない人に比べたら、
もう最初からマイナスの位置なんですよ。

まず0にもいっていないのです。

マイナス10くらいかな?マイナス20かもしれない。

そっからまず0にする。そして1にしていく。

だから、できなくて当たり前だなぁと思ったんですよ。

そうやって考えてみたら
少し落ち着いてきて、
次に自己紹介に再度挑戦してみて
ちょっとだけ話すことができました。

また別の人にやってみて、
前回よりも相手の反応も良かったなと思い嬉しくなりました。

このように積み重ねていったら
いつの間にか自己紹介が
普通にできるようになっていって、
自己紹介以外の会話をするのにも緊張感が薄れていきました。

まだまだコミュニケーションが
得意とは言えないし、
得意な人からみたら0な状態かもしれないですが、
それでも以前よりとっても話しやすくなりました。

完璧主義改善③デフォルト10回

完璧主義な方ほど
「デフォルト10回」を座右の銘にしてみてください。

2回や3回でできたらむしろ超ラッキーだ。

10回くらいやれば、
まぁ慣れてくるから
少しはできるようになるんじゃないの?

私はこのような気持ちで日々生きてます。笑

私は活字を読むのが苦手で、
小説は好きなんですけど
ビジネス書など難しめな説明本?が
なかなか読み終われない人です。

そこで、「1日1ページでいいから本を読む
とてもとても低い目標を立てました。

以前の私なら「1日1冊本を読む!
という目標を立てていたかと思います。

でも、活字が苦手な自分が
いきなり1冊って…
絶対に無理。笑

だから、「1ページ」というように
低いハードルにしてみました。

だけどそれでも、
1ページでもすぐ眠くなっちゃって、もう読めない…
みたいな感じだったですけど、

2日目、3日目と毎日
コツコツ読んでいくうちに、
1ページならだんだん苦じゃなくなっていって

10日くらい続けていたら、
もっと読みたい!というように、
調子に乗って「3ページ」「5ページ」「1章!」と読む範囲が広がっていました。

今では、まだ1日1冊読むのはきついですけど、
集中すれば半分くらいは読めるというくらいに成長しました。

10回くらい諦めずにやってみると
調子に乗る瞬間に出会えることあります。

調子に乗れるとつい諦めそうになることも
少し楽しくなると思います。

完璧主義改善④できないのは慣れていないだけ

できないというのは、慣れてないだけなんですね。

例えば、自分は営業の経験がないし、
コミュニケーションが得意じゃないから
いきなり営業やれと言われても、
え、私には絶対無理だよ…って思うんですけど、

でも営業のお仕事も何回も練習して
慣れれば少しはできると思うんです。

こういうふうな話し方で
こういう切り口でトークするんだよっていうのを学んだり、
どういう会社に行って
どういう相手がいらっしゃるのか、
先輩について見せてもらって真似していく、
質問していくというので、
学んで慣れれればきっとできると思うんですね。

もちろん、向いてる向いてないということはありますし、
営業が好きか嫌いかは人それぞれなので
慣れてもできない・やりたくない
ということはあります。

でも、やり続ければ大抵のことは
最初の何も知らなかった頃より
できるようになると思います。

なので、今、
「こんなすごいこと私には絶対できない。無理…」
と思うことも、
ちょっとでも「やってみたいな」という
気持ちがございましたら、
挑戦してみるのをおすすめしたいです。

無理に思えることも
勇気を出して慣れていけば
できるようになる可能性は必ずあります。

逆を言うと、やってみないと
できるようになる可能性は0です。

ならば、やってみたいことには
ぜひ慣れるまでやり続けてみていただきたいのです…!

あとは、挑戦した時に
1回だけやってできなくて
「あーやっぱり私には無理だ」
って諦めないで欲しいんですね。

1回じゃなくて最低10回やってみてください。

10回やってみると、結構な確率で
ちょっとはできるようになってきたな
っていうのがわかるようになってくると思います。

100%できなくても、
1つでも行動すれば何もやらないよりは確実に進んでるんですね。

もっと言いますと、
挑戦してみて10回頑張ってみたけど
やっぱできない。苦手。向いてない。
となったとしても、
「これは自分には向いてないんだな」とわかっただけでも1歩進んでるんです。

これは向いてないから、
次に挑戦することを見つけよう
と新しい行動ができるからです。

完璧主義改善⑤0.00001でも進めばすごい

よく、0→1を目指しましょう!と聞きますが、
私は、0より0.00001くらいをまず目指してます!笑

0→0.00001という
一見すごい少ない量に思える変化でも
ほんの少しでも進めば素晴らしいと思うんですよ。

自分なんかどうせダメだ。無理だ。
あーでもこんな人生で終わりたくない。
どうしよう。でもできないな…

そんな風に、グルグル、
自己否定に塗れてしまって
何もできないって状態より、
0.00001でも進んでる方が100倍素晴らしいと思うのですね。

できないかもしれない、無理かもしれない。
でも、やってみたいから頑張る

っていうふうに、
なんとか自分を奮い立たせて、
失敗しても、「もう一回」「もう一回」って取り組める、
そういう方は絶対に成長してると思います。

完璧主義改善⑥行動できない時は期限を作ろう!

ただ、何かに取り組む時に
期限がないとなかなか人間って行動できないんですね。

だから、まずは3ヶ月だけ続けてみよう、と決めてみる。

3ヶ月だけ、
出来が悪くても
上手くいかなくても
向いてないなと思っても
とりあえず続けてみるのです。

なんで3ヶ月かというと、
3ヶ月続けると習慣化しやすいと言われてるからなんですね。

今お伝えしている思考の仕方というのは、
半年くらい習慣化するのに時間がかかる
と言われてるんですけど、

例えばダイエットとか、
肉体改造をする、
毎日運動をするっていう行動だったり、
そういうことを習慣化するには
3ヶ月が良いと言われているんですね。

確かに3ヶ月くらい続けると、
なんでも何かしら変化とか成果っていうのは見えてきます。

自分の気持ち的にも、
「3ヶ月もやり続けてこられた」
っていう自信にもなるんですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました