一生このままでいるくらいなら今すぐ消えてなくなりたい【過去日記】

後悔するんじゃないかと
不安を抱えながら今の仕事をしていていいのだろうか。

若いときにしかできないことをしなくていいのか。

いや、若い時なんて、人によって違うとも思う。
今が一番若いから。

一番若い今、やりたいと思いながらやらずに、
数年後、後悔してもいいのだろうか。

大学のときにめいっぱい遊んで
社会に出たら遊びはもう終わり。
ふらふらしてたらいけない。

その通りかもしれない。

大学のときに遊べばよかった。
大学の頃、私は遊ばない人間だった。

でも、それは自分の意志で
「遊ばない」と決めていたんじゃなくて、
ただ、遊ぶ勇気がなかった。

友達がいっぱいほしい。海外へ行ってみたい。スタイリッシュなPVを作りたい。あの川にそのまま飛び込みたい。ミニチュアで完璧な洋館を作りたい。森林の中でぬいぐるみと並んで眠りたい。友達と思い切り朝まで飲み明かしたい。おしゃれって言われたい。エステでキレイになりたい。可愛い洋服を着て高いヒールで歩きたい。バンジージャンプをやってみたい。スカイダイビングで空を飛びたい。いろんな種類のアルバイトをやってみたい。アカペラサークルに入りたい。チラシのデザインをやってみたい。ボランティアで人の役に立ちたい。何これっていう珍しいワインを飲んでみたい。フェスで思いっきり弾けたい。富士山に登りたい。

いっぱいやりたいことはあったのに、
「自分には無理だ」と思って挑戦しなかった。

自信がなかった。

めいっぱい人生を楽しんでる
同級生がうらやましかった。

けど、私はコミュ障だし、
無駄にプライドが高かったから
「仲間に入れて」とも言えなかった。

素直に「すごいね」「私もあなたみたいになりたい」と言えなかった。

大学は、科の勉強に集中した。

でも、やっぱり勉強も挑戦を避けて、
ただいい子に真面目に
授業を毎回聞きに行くだけで、
自分から何かするってことはなかった。

知ったかぶりだけして、
勉強したことを実践したり
人生に生かしているかといったら
全く何もできてなかった。

何のために高い学費を出してもらって
大学へ通っているんだろう。

大学の同級生や教授ともうまく話せない。
友達もほとんどできなかった。どんどん自信をなくした。

このままで一生過ごしたくない、
このままならば今すぐ死んでいなくなりたいと何度も思った。

就職して、大学時代をいかに
空白の時間で過ごしてしまったか、
今更後悔が襲ってきた。

そして、また同じことを繰り返しているんじゃないかと思った。

毎日、このままでいいのだろうか、
このままでいたくない、
一生このままでいるくらいなら
今すぐ消えてなくなりたい、
そう思いながら過ごしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました