漠然とした不安に襲われる…不安が消えない…解消するには?

漠然とした不安に襲われる。
なぜだかわからないけど不安が消えない。

こんにちは、なっちです。

漠然と不安を感じる瞬間がある。

眠れなくなったり、涙が出てしまったり。

なんで不安なんだろう。

解消する方法はある?

漠然とした不安に襲われる時の解消法

私は最近、毎日漠然とした不安に襲われていました。
漠然とした不安を見てみぬふりしていると、
夜も眠っているのかいないのかわからない状態に。

不安って不思議なもので
1つ心配事が出てくると次から次へと不安が膨らんでゆく。

もうどうしようもできない…!!というような不安感でいっぱいになってしまうんです。

 

そんな時に、効果的だったのは
不安を声に出してみることです。

お恥ずかしながら、私が声に出してみたことを書いてみます。

メモ書きみたいな文章なので
読みにくかったらすみません。

不安や後悔を声に出してみる

(最初は自分にいくつか問いかけてみると声に出しやすいです)

今何が不安?

不安はいっぱいある。いっぱいありすぎる。

(漠然とした不安に襲われてる時は不安要素が1個じゃないかも)

じゃあ、何が一番不安?

一番不安なのはまずお金のこと。

(自分の話を自分で聞いてあげるイメージで対話していきます)

お金のことか。なんで、お金のことが不安なの?

それは今お金が全然ないから。

少し前はあんまりお金のことを考えていなかった。

貯金があるからいざとなれば貯金から、と
そういう気持ちだった。

その貯金は今までのお年玉やお祝いで頂いた大切なお金。
私が大人になるまで親がずっと貯めてくれていた。

それにプラス自分が貯金してきたお金が少しはあって
無駄遣いしなければ毎月貯金できていたから
あんまりきちんと考えていなかった。

しかし、私は少し前に詐欺にあって
けっこうなお金をなくしてしまい、
それで一気に貯金がなくなってしまった。

詐欺にあったのは自分が甘かったからだ。
勉強だったと思ってなんとか立ち直った。

だけど、自分で稼いだお金だけならまだしも、
大切な人からいただいたお金も
そんな理由でなくしてしまったことが
本当に情けなく申し訳なかった。

今でも思い出すとやっぱり後悔ばかりが襲ってくる。
なんてばかなことをしてしまったんだろう。
なんであんな選択をしてしまったんだろう…。

それでも、貯金がなくなっても
切り詰めて仕事を頑張れば
だんだんお金は少しずつ貯まっていった。

だけど、今度はコロナで仕事が減ってしまった。

みるみるお金がなくなっていった。

仕事がないというのは本当に怖い。

仕事を変えてみたけど、慌てて変えたから
その仕事もコロナの影響が大きかったり、
自分自身頑至らない部分も多くあって、
私は今年3つもアルバイトを転々とした。

アルバイトという不安定な雇用形態を選んでいるのも
お金に悩む原因だと思う。

だから正社員として就活をした時期もあった。

フリーターから正社員への転職は
かなり厳しく、何度も今までの経歴を後悔した。

そして、就活中に改めて
詐欺で失ったお金がどれほど大切なものだったか
気づかされて、もっと真剣にお金や将来のことを
考えていかないといけないと思った。

就職先はなかなか決まらず、
少ない貯金はもっともっと減って
それでもなんとか正社員で内定をいただけて
お金の不安が少し和らいだ。

来月から仕事がある。一定の収入が必ずいただける。
アルバイトと違って休業になっても守られる可能性が高い。

とてもありがたいこと。

だけど、結局私は正社員の内定を蹴って
再びアルバイトを選んだ。

それは今まで経験したことのない仕事で、
いきなり正社員にはなれないけど
アルバイトなら採用してもらえた。

就活をする中で「やっぱりこういう仕事がしたい」
というのがわかって、
今までの仕事が続けられなかったのは
もちろん自分の弱さが原因ではあるけれど、
本当にやりたいことに挑戦してこなかったからだということに気づいた。

今までやりたいことに挑戦できる
チャンスはたくさんあったのに、
自信がなくて挑戦してこなかった。

だからアルバイトからでも、
やってみたかった仕事で頑張っていきたい。

 

でも、また不安になった。

アルバイトを選ぶとまた急に仕事がなくなったりするかも。
アルバイトの時給だとギリギリの生活になる。また苦しい時期が続く。
必ず正社員になれるかもわからない。
正社員になれなかったらまたフリーター期間が延びてしまう。

それでもいいの?

 

私はすぐに答えが出せなくて
何度も何度も考えて

それでもいい。今苦しくてもこれから先この仕事に携わっていきたい。
やりたいことに関われる場所で今度は諦めず頑張っていきたい。
正社員になれなかったら…と考えるのではなく、
必要とされる人になれるように努力する。

こう答えを出した。

今度はひとりきりで悩むのではなく、
相方や家族、友達にも相談して
様々な意見を聞いて、
最終的には「自分がどうしたいか?」で選択した。

だから、決断した時、後悔はなかった。

 

だけど、実際に仕事が始まると
また不安が出てくる。

あー自分ってなんて面倒な人間なんだろう。

試用期間が半年もある。
半年間はお給料も低い。生活は苦しいまま。

試用期間が終わっても正社員になれると決まってるわけじゃない。
会社の状況を見てると正社員になるのはかなり難しそうだ。

早く会社の人とも打ち解けないといけないのに。
私は話すのが苦手でなかなか打ち解けられない。

だけど今度こそ頑張らないと。

もし、ここで頑張れずにクビになってしまったら…

ここを辞めてしまったら、
また経歴がズタズタになって
もうどこにも雇ってもらえないかもしれない。

そしたら私借金をしてしまうかも。
そんなことになったらどうしよう。

同じ時期に入社した方が
突然辞めてしまうという事件も起こり、
今回の会社もコロナでかなり打撃を負っており厳しい状況のようで…

本当にこの就職先でよかったんだろうか…
やっぱり正社員のあの会社に入ればよかったのかもしれない…
そんな気持ちになってしまうこともあった。

こうして声に出してみると
本当自分のことしか考えてないなと思う。
そんな自分に嫌気が差す。

後悔や不安ばかり。

だけど、それでも。

それでも、今回は自分が決めたこの道で
踏ん張って頑張っていきたいと思う。

選んだ道が正解か?
今まで、そんな問いかけばかりしてきて
「あぁ、今回も失敗した…」って後悔ばかりしてきた。
後悔しなかったことってほとんどないかもしれない。

後悔して「もう一方を選んどけばよかった」
そう思うことで、もう一方の正解を
選んでいれば私は頑張れたのに
間違った方を選んじゃったから頑張れないんだ
だからしょうがないんだ
と心のどこかで言い訳してたんだと思う。

誰かのせい、何かのせいにしてきた。

だけど、最近気づかされたんだ。

選んだ道が正解かどうかは
「自分がその道を正解にするかどうか」ってことなんだと。

人生にはたくさんの選択があって、
どの道にもメリット・デメリットがあって
どれだけ慎重に吟味して選んでも
後悔が全くない方が稀だ。

だから「この道を選んでよかった」と思えるように
自分から動いていこう。
何かのせいにするんじゃなくて「自分で選んだ」ってことに責任を持とう。

今回採用していただけた会社では
自分のやってみたかった分野に初めて挑戦できている。

お給料や雇用形態が不安なのは事実だけど、
じゃあもう一つの会社に正社員で働けていれば
全部不安がなかったのかと考えるとそれも違うと思う。

そちらの会社は、正直お給料やお休みの多さが志望動機の8割くらいを占めていた。
仕事内容は、やってみたいことではなく、
こんな私でもなんとかできそう…と思えたから。

だからきっと働けていたとしても
「やっぱりあの時、やってみたいことに挑戦すればよかったのに…」
って後悔していたと思う。

それに、今の仕事でもっともっと力をつけていけば
お金の心配も自分でどうにかしていける。

やりたいことでお金をいただけるというのは
一番自分が望んでいたことだ。

あと、「もし、ここで頑張れずにクビになってしまったら…
もうどこにも雇ってもらえないかもしれない」
そんな不安も、感じているのは事実だけど、
最悪クビになってしまったとしても
どこにも雇ってもらえないということはないと思う。

就活中にたくさんの求人を見ていて、
仕事は次々に出てくるし
雇用形態や職種を選ばなければ
どこか一つは雇ってくれると思う。

だから、焦らずもう少し頑張ってみよう。

〜声に出したこと、ここまで〜

漠然とした不安は声に出すことで「漠然」じゃなくなる

今回は、声に出したことを
ほぼそのまま書いたような記事で
読みづらかったらすみません…!

このように声に出してみたことで
不安に感じていたことが一つ一つ具体的になり
「あれ、こんなことに不安を感じていたんだ」
と自分でも初めて気づくことが多くありました。

そして、不安や後悔が具体的になったことで
モヤモヤがとれ、一旦冷静になって
今の状況や今後のことを考えられるようになりました。

不安を声に出さずに
グルグル頭の中だけで考え続けていると、
「もう無理だ…ダメだ…」とネガティブ一色になってしまうことがあります。

逆に「いや!もっと頑張れよ!こんなことで悩むな!」
「後悔や不安を感じる時間がムダ!」
「前向きになろう!とにかく頑張ろう!」と
無理をしてポジティブを装ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、漠然とした不安を声に出してみると
ネガティブを認めながらも、
ネガティブだけに染まらずに
自然と少しずつポジティブな気持ちに向かっていけます。

あなたが今漠然とした不安に襲われることにお悩みでしたら。
ぜひお試しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました