漠然とした不安や焦燥感に襲われた時は頭の中を「見える化」する

こんにちは、なっちです。

自分なんか何をやってもダメ…
すぐネガティブになってしまう。
悩んでばっか。何も成し遂げたことなんてない。
将来が不安だ。自信がない。自分が大嫌い。

漠然と不安や焦燥感に襲われたり、
自信がなさすぎて何もかも嫌になっている時。

無理やりポジティブになろう!頑張ろう!!
とするんじゃなくて、

頭の中を「見える化」してみると良いんです!

不安や焦燥感をなくす、頭の中の「見える化」とは?

突然ですが、あなたは
幽霊が怖いと言われる理由を知っていますか?

いや、別に幽霊平気だよ〜というなら
当てはまらなくなってしまうんですが…

幽霊がなぜ怖いのか?

それは「見えない」からなんです。

見えないとは、=正体不明ということ。

幽霊というと、たとえば、

長い髪の女の人で、その人は事故でなくなってしまって、事故を起こした人をすごく恨んでいて、

とっても怖い顔をしていて…ずっと私の方を見ている……🙀ギャアァァ

正体不明だとつい妄想してしまいませんか…?

…でも、幽霊って
もしかしたら
すごい可愛い姿かもしれないですよね?

たとえば、人じゃなくて、
ポケモンみたいな見た目かもしれないし、
犬みたいにふわふわモフモフした形かもしれないです。

ケールくん
ケールくん

ぬいぐるみとかカエルっぽいかもよ?

けど、人間というのは正体不明なものを恐れるんですね。

 

それは防衛本能のためです。

正体不明なものは、
急に襲ってくるかもしれません。

自分の命を守るために
正体が見えないものは
「怖い」「不安」といった感情が
すぐに湧くようになっているのです。

悩んでいる時ほど頭の中だけで考えている

どうしよう…と不安や恐怖を感じる時や

私なんてダメだ、無理だ…と
ネガティブに考えてしまう時、

そんな時って
幽霊みたいな状態になっているんです。

自分の悩みが幽霊化しちゃってるんです。

悩みがどういうお顔をしているか?とか
どれくらいの大きさか?ってのが
自分ではわからないんですね。

 

頭の中だけで考えていると
事実と直接関係ないことまで
勝手に妄想してしまって
悩みがすり替わってしまうってことがあります。

たとえば、
「先輩に怒られた」として、

先輩に怒られた
→私って本当にダメなやつだな…
→私って生きてる価値あるのかな…

みたいにどんどん考えてしまう。

けど、これってここまで考える必要ないんですね。

先輩は何に対して怒ったか?

その怒った内容について
反省すればいいだけなんですけど、
そこから「私はダメだな」っていう風に
自分を否定してしまってるわけですよね。

さらに、自分って
生きてる価値あるのかな…
というように、
「自分が存在する理由」についても
考えはじめちゃってるんです。

先生が怒った内容と
自分が生きてる価値っていう話は
全く関係ないのに、
いつの間にか悩みが
すり替わってしまってるんですね。

人間は、毎日頭の中で言葉を発しています。

あなたも声に出さないだけで
「あーあれやらなきゃ」とか
「あーもう起きないと…」とか
毎日頭の中でぶつぶつ喋ってるんじゃないでしょうか?

頭の中で発している言葉の
約9割はネガティブな言葉だと言われています。

頭の中だけで考えていると
どんどんネガティブな言葉になっていってしまうのです。

悩んでる時ほど
頭の中だけで考えるのは、
リスキーでもあるんです。

ですので、頭の中だけで完結せず、
頭の中で考えてることを「見える化」してみてほしいんです。

見える化のやり方は次の記事で書いていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました